動物個体群生態学 - 内田俊郎

内田俊郎 動物個体群生態学

Add: vuvame66 - Date: 2020-12-04 14:14:56 - Views: 6586 - Clicks: 6998

個体群生態学の最も基本的と思われるいくつかの問題点について,平易に述べた入門書である。 動物個体群生態学 / 内田 俊郎 著 | 共立出版 サイトマップ. 個体群生態学 種類: 図書 責任表示: エヌ・ペー・ナウモフ著 ; 山岸宏訳 出版情報: 東京 : ラテイス, 1966. 個体群生態学(こたいぐんせいたいがく、英語:population ecology)とは、個体群を研究対象とする生態学である。. 世界的な生態学者であり、個体群生態学の発展期に動物個体群生態学を牽引した。 同じく京都大学の内田俊郎が室内実験的研究を得意としたのに対して、森下正明は主として統計学を駆使して野外研究のデータを数理解析する手法によっており、この分野で. 中古本を買うならブックオフオンラインヤフオク!店。まとめ買いで更にお得に!! タイトル 動物個体群の生態学 作者 内田俊郎 販売会社 京都大学学術出版会/ 発売年月日 1998/12/ご入札する前にご確認いただきたいこと. 総合研究棟A棟徳永(Room 411, Tel. 内田は京都大学農学部を主な活躍の場として、個体群生態学の研究を行った。 彼の手法は実験室内において、マメゾウムシなどのモデル生物の実験個体群を対象として、恒温機の中のシャーレという、極めて管理された条件下での個体群動態を調べる、というものであった。.

デジタル版 日本人名大辞典+Plus - 内田俊郎の用語解説 - 1913- 昭和-平成時代の昆虫生態学者。大正2年7月5日生まれ。昭和23年京大教授となる。昆虫の実験個体群の生態に関する研究をおこない,個体群生態学の確立につとめた。平成17年11月2日死去。92歳。三重県出身。京都帝大卒。著作に. 動物の人口論 : 過密・過疎の生態をみる. 動物個体群生態学 - 内田俊郎 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

応用生態学 フォーマット: 図書 責任表示: 沼田真, 内田俊郎編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 古今書院, 1963. 9 nhkブックス 164. 彼の研究スタイルは、上述のように完全に管理下に置かれた個体群における動態の実験研究である。そのために、そのような条件下で繁殖できるような、マメゾウムシなどがモデルとして選ばれている。 この分野の研究としては、1920年代にアメリカでパールがショウジョウバエを飼育してその増殖の様子を調べ、その増殖曲線に対してロジスティック曲線と名付け、これは個体群生態学の発展の基盤となった。さらに彼に少し遅れて、チャップマンやアリー、パークなどがコクヌストモドキを材料に、同様の研究を行い、密度効果を発見、その分析を始める。 内田の研究は、この流れに沿ったものと見ることができる。当時は第二次世界大戦の最中であり、彼の研究成果は世界に知られることがなく、知られるようになった頃にはすでに同様の研究が出た後であった。しかし、彼がその後に取り組んだ穀物害虫とその天敵である寄生蜂との量的関係の研究や、ヨツモンマメゾウムシで発見された相変異(翅多型)の研究などが注目されるようになった。 嶋田 () は内田の研究で最もよく知られたものとしてアズキゾウムシの密度効果に関する研究を挙げているが、同時に彼の研究の意義が「生活史を通じて密度効果がどのようにかかるか」である点が理解されていないと述べている。さらに、アズキゾウムシとその寄生蜂という捕食 - 被食関係での個体数振動などを挙げ、そのどれもが後に数値シミュレーションで大きな成果を上げた分野であることを指摘し、彼の実験系の設計などがコンピュータ解析などに向いていると述べている。.

Amazonで内田 俊郎の動物個体群の生態学。アマゾンならポイント還元本が多数。内田 俊郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また動物個体群の生態学もアマゾン配送商品なら通常配送無料。. 一種類の生物を対象とすることで、種生態学と共通するが、種生態学が広くその種の性質や、分布や行動を研究対象にするのに対して、個体群生態学は特定地域の個体全体を対象に. 個体群の相互作用 2種以上の個体群どうしの相互作用。 2種問題を中心。 競争,捕食-被食,寄生,共生などが挙げられる。 生物相互作用の基本原則→「食物連鎖」 (エルトン『動物生態学』1927). 個体生態学 エヌ・ペー・ナウモフ著 ; 山岸宏訳, ラテイス, 1967. 京都大学学術出版会, 1998. 動物生態学入門 : 個体群生態学編 フォーマット: 図書 責任表示: 伊藤嘉昭著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 古今書院, 1963 形態: 394p ; 18cm 著者名: 伊藤, 嘉昭(1930-) シリーズ名: 形成選書 書誌ID: BN02103112. 個体生態学 フォーマット: 図書 責任表示: エヌ・ペー・ナウモフ著 ; 山岸宏訳 言語: 日本語 出版情報: 東京 : ラテイス, 1967. 動物生態学: Notes: 原書第2版の翻訳.

【tsutaya オンラインショッピング】動物個体群の生態学/内田俊郎 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本. ぬいぐるみ動物園 内田さつき 昭和55年4版ビニールカバー付き 絶版本 手芸 商品説明ぬいぐるみ動物園 内田さつき 昭和55年4版ビニールカバー付き 婦人之友社 絶版本経年のヤケ、イタミ、ページの綴じがゆるいページなどありますが、オレやヤブレや書き込み、切り取りなど無く、読書に問題. 生態学講座 【17】巻; 動物個体群生態学. 個体群生態学 フォーマット: 図書 責任表示: エヌ・ペー・ナウモフ著 ; 山岸宏訳 言語: 日本語 出版情報: 東京 : ラテイス, 1966. 生態学 : 個体・個体群・群集の科学. 内田俊郎 動物個体群生態学 - 内田俊郎 弟子筋 上記のように、彼はその弟子を育てる際にも方法論等で制約を多く設けたが、その弟子には非常に多彩な才能が生まれ、それぞれに日本の個体群生態学を推し進める力になった。.

動物個体群生態学 内田俊郎 / 共立出版 1977/10 税込¥1,210 : 動物生態学 伊藤嘉昭 / 蒼樹書房 1992/04 税込¥7,150: 個性の生態学 動物の個性から群集へ 片野修 / 京都大学学術出版会 1991/11 税込¥2,989: 行動生態学 ジョン.R.クレ-プス / 蒼樹書房 1991/02 税込¥7,150. 内田 俊郎 著; isbn:; 判型/ページ数:a5 / 112ページ; 発行年月:1975年09月; 本体価格:1,100円. 上記のように、彼はその弟子を育てる際にも方法論等で制約を多く設けたが、その弟子には非常に多彩な才能が生まれ、それぞれに日本の個体群生態学を推し進める力になった。 以下のような名が挙げられる。 1. 吉田敏治・高橋史樹・岸本良一・桐谷圭治・巌俊一・久野英二・中筋房夫・井上民二・藤井宏一・日下部眞一 なお、内田が退官した後は巌(1981年8月7日旅先の北海道知床半島宇登呂にて51歳で逝去)、その後は久野が継いだ。. 動物生態学: 注記: 原書第2版の翻訳 文献:p288-361: タイトルのヨミ、その他のヨミ: コタイグン グンシュウ セイタイガク: 著者名ヨミ: ヤマギシ, ヒロシ: 件名のヨミ: ドウブツセイタイガク: 分類・件名: ndc6 : 481.

6)-出版情報: 京都 : 個体群生態学会, 1966-issn:継続前誌: 個体群生態学研究会会報 / 個体群生態学研究会 編 書誌id: an00092527. 個体群生態学の研究 フォーマット: 図書 責任表示: 京都大学農学部昆虫学研究室編集 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 京都大学農学部昆虫学研究室, 1952. 内田俊郎『動物の人口論』,(1972),nhkブックス(日本放送出版協会) 伊藤嘉昭他『動物の個体群と群集』,(1980),生物教育講座7巻(東海大学出版) 森下正明『森下正明生態学論集』,(1979),思索社; 内田俊郎『動物個体群生態学』,(1975),生態学講座第17巻(共立出版) 3 形態: 172p ; 26cm 著者名: 京都大学農学部昆虫学研究室 シリーズ名: 応用昆虫学論文集 ; 第1集 【tsutaya オンラインショッピング】動物個体群生態学/内田俊郎 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本. 個体群生態学会会報 フォーマット: 雑誌 責任表示: 個体群生態学会 巻次(年次): no. 7 ndlc : ra441 ndlsh : 動物生態学. 一見は柔和な人物であったが、芯が強く、自説を曲げない人物であった。岩田久二雄などは教授時代にもあだ名の「クニャ」と呼んでいた由。 研究の方向については上述のように批判があった中でも一切その姿勢を変えなかったし、学生に対しても同様の方法論を強いる面があった。これは彼らの個性を潰すとの批判もあったし、野外の自然に関心を抱くものには反発も多かったようだが、彼の元からは多くの才能を輩出している。 とにかくやり取りはしづらい人であったようである。京大では他の教官とはうまくいっていなかったが、毅然としていたとか、とにかく何を考えているか、こちらで考えないといけないのが困ったとか、議論しようとしても、「ふむ」「ふむふむ」しか言ってくれなくて議論になりにくかった等といった話が残っている。 また、論文に関しては多産であり、約120編を出し、そのうち約100は単独発表である。これも寡作で発表が遅れがちであった森下正明とは対照的であるが、内田は「研究は論文として発表されて初めて完結する」と述べている。 また、内田は国際的な知名度や評価が高く、欧米に留学した日本人学生が驚くことが多かったという。また、英文のResearch on Population Ecology誌(現在のPopulation Ecology誌)を創刊し、これは日本を研究の拠点とする上で大きく寄与した。.

動物個体群生態学 - 内田俊郎

email: aryrijih@gmail.com - phone:(803) 281-3247 x 7599

葛城二十八宿を巡る - 垂井俊憲 - スノコで絶対片づく 円グッズ

-> たまご - 中川ひろたか
-> オオカミさんは過激な騎士! - 宮川ゆうこ

動物個体群生態学 - 内田俊郎 - 紫水晶の女 南里征典


Sitemap 1

名古屋経済大学高蔵高校 過去問題集6 平成28年 - エコノミー ステイン ワールド イマニュエル